マンション管理士試験対策専門サイト
マンション管理士試験対策専門サイト

<マンション管理士試験過去問>

 平成18年度(2006年度)マンション管理士試験問題

 問41~問50

 *問題は出題当時のものであり、それ以降の法令改正等には対応しておりません。 

 

問 41

 マンションにおける防犯に関する次の記述のうち、適切でないものはどれか。

1 駐車場の照明設備は、床面においておおむね3ルクス以上の平均水平面照度を確保する。

2 網入りガラスや強化ガラスは、防犯ガラスと同等の防犯性能がある。

3 共用玄関ホールは、床面においておおむね50ルクス以上の平均水平面照度を確保する。

4 エレベーターのかご及び昇降路の出入口の扉は、エレベーターホールからかご内を見通せる構造の窓が設置されたものとする。

問 42

 ア~エに掲げる一般的な床仕上げ材の軽量床衝撃音の低減効果に関する次の記述のうち、適切なものはどれか。

ア 木質フローリング

イ 畳

ウ ニードルパンチカーペット

エ 発泡塩化ビニールシート

1 イ、エ、ウ、アの順で大きい。

2 イ、ウ、エ、アの順で大きい。

3 ウ、イ、エ、アの順で大きい。

4 ウ、イ、ア、エの順で大きい。

問 43

 飲料水用水槽に関する次の記述のうち、適切でないものはどれか。

1 オーバーフロー管、通気管及び水抜き管には、外部から害虫等の侵入を防ぐために、先端に防虫網を設ける必要がある。

2 オーバーフロー管及び水抜き管には、水槽への排水の逆流を防ぐために、排水管との間に排水口空間を設ける必要がある。

3 給水管への逆流を防ぐために、給水管の流入口端からオーバーフロー管下端までに吐水口空間を設ける必要がある。

4 内部の保守点検を容易に行えるようにするために、有効内径600㎜以上の施錠可能な構造のふたを設ける必要がある。

問 44

 マンションの設備に関する次の記述のうち、適切でないものはどれか。

1 排水トラップの封水深は、トラップの形状を問わず、50㎜以上100㎜以下とする。

2 管径75㎜の排水横引管の最小勾配は、100分の1とする。

3 高置水槽の容量は、マンション全体の1日の使用水量の1/2程度とする。

4 各住戸と共用部分の契約電力の総量が50kw以上のときは、一般的に高圧引込みとする。

問 45

 省エネルギー対応の設備機器に関する次の記述のうち、適切でないものはどれか。

1 自然冷媒ヒートポンプ式の給湯器は、大気の熱を吸収した冷媒(二酸化炭素)を圧縮し高熱にして熱源とするため、加熱効率が高い。

2 高周波点灯方式の蛍光灯は、インバータ装置により電流を高周波に変換して点灯させるため、発光効率が高い。

3 熱交換型の換気扇は、排出する室内の空気と屋外から取り入れる空気とを混合させて熱交換するため、冷暖房効率が高い。

4 潜熱回収型のガス給湯器は、高温の排気を使って給水を予熱するため、加熱効率が高い。

問 46

 次の記述は、マンションの管理の適正化の推進に関する法律(以下「マンション管理適正化法」という。)の目的に関するものである。空白となっているA~Dに下欄のア~ケの語句を選んで文章を完成させた場合における正しい組合せは、マンション管理適正化法の規定によれば、次のうちどれか。

土地利用の[A]の進展その他国民の住生活を取り巻く環境の変化に伴い、多数の区分所有者が居住するマンションの重要性が増大していることにかんがみ、マンション管理士の[B]を定め、マンション管理業者の[C]制度を実施する等マンションの管理の適正化を推進するための措置を講ずることにより、マンションにおける[D]の確保を図り、もって国民生活の安定向上と国民経済の健全な発展に寄与すること。

ア 高度化  イ 許可  ウ 資格  エ 多様化  オ 登録  カ 制度  キ 居住の安定  ク 良好な居住環境  ケ 免許

1 Aはア Bはカ Cはイ Dはク

2 Aはア Bはカ Cはケ Dはキ

3 Aはエ Bはウ Cはイ Dはク

4 Aはア Bはウ Cはオ Dはク

問 47

 マンション管理士に関する次の記述のうち、マンション管理適正化法の規定によれば、正しいものはどれか。

1 マンション管理士試験に合格すれば、マンション管理士という名称を用いて、管理組合の管理者等の相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことができる。

2 マンション管理士が懲役に処された場合、国土交通大臣は、そのマンション管理士の登録を取り消さなければならない。

3 マンション管理士は、期間を定めてマンション管理士の名称の使用の停止を命ぜられた場合には、その処分の通知を受けた日から起算して10日以内に、マンション管理士登録証を国土交通大臣に返納しなければならない。

4 マンション管理士は、5年ごとに国土交通大臣の登録を受けた者が行う講習を受け、マンション管理士登録証の更新を受けなければならない。

問 48

管理業務主任者に関する次の記述のうち、マンション管理適正化法の規定によれば、誤っているものはどれか。

1 管理業務主任者試験に合格した者が、偽りその他不正の手段によりマンション管理士の登録を受けたため、そのマンション管理士の登録を取り消され、その取消しの日から2年を経過していない者である場合には、管理事務に関し2年以上の実務の経験を有する者であっても、管理業務主任者の登録を受けることができない。

2 国土交通大臣が、管理業務主任者の事務の適正な遂行を確保するため必要があると認めて、管理業務主任者に対し、報告をするよう求めた場合において、その管理業務主任者が虚偽の報告をしたときは、30万円以下の罰金に処される。

3 管理業務主任者は、その事務を行うに際し、マンションの区分所有者等その他の関係者から請求があったときは、管理業務主任者証を提示しなければならないが、その属するマンション管理業者の事務所に管理業務主任者証を掲げておく必要はない。

4 管理業務主任者が1年以内の期間を定めて管理業務主任者としてすべき事務を行うことを禁止された場合において、その管理業務主任者がその事務の禁止の処分に違反したときは、国土交通大臣は、その登録を取り消すことができる。

問 49

 マンション管理業者A(管理業務主任者B)が、住戸50戸の甲マンション管理組合(管理者C)との管理受託契約を、従前の管理受託契約と同一の条件で更新しようとする場合における重要事項の説明及び重要事項を記載した書面の交付に関する次の記述のうち、マンション管理適正化法の規定によれば、正しいものはどれか。ただし、Aは、Cではないものとする。

1 Aは、Bをして、区分所有者全員に対し、重要事項に関する説明をさせたが、重要事項を記載した書面の交付はしなかった。

2 Aは、区分所有者全員に対し重要事項を記載した書面を交付しなかったが、Bをして、Cに対し、重要事項を記載した書面を交付し、重要事項を説明させた。

3 Aは、区分所有者全員に対し重要事項を記載した書面を交付し、Bをして、Cに対し、重要事項を記載した書面を交付して説明させた。

4 Aは、区分所有者全員に対し軍要事項を記載した書面を交付したが、Bをして、Cに対し、重要事項の説明をさせなかった。

問 50

 住戸50戸の甲マンションの管理組合Aと管理受託契約を締結しているマンション管理業者Bに関する次の記述のうち、マンション管理適正化法の規定によれば、正しいものはどれか。ただし、Aには、Bと同一の者ではない管理者が置かれているものとする。

1 Bは、その事務所ごとに、公衆の見やすい場所に、その事務所に置かれている専任の管理業務主任者の氏名等を記載した標識を掲げなければならない。

2 Bは、Aから委託を受けた管理事務のうち基幹事務については、その一部であってもこれを他人に委託してはならない。

3 Bは、Aから委託を受けた管理事務のうち基幹事務以外の事務については、帳簿を作成する必要はない。

4 Bは、定期に、甲の区分所有者全員に対し、管理業務主任者をして、管理事務に関する報告をさせなければならない。