マンション管理士試験対策専門サイト
マンション管理士試験対策専門サイト

<マンション管理士試験過去問>

 平成14年度(2002年度)マンション管理士試験問題

 問31~問40 

 *問題は出題当時のものであり、それ以降の法令改正等には対応しておりません。 

 

問 31

 Aは、B所有の中古マンションの一室を取得したところ、管理組合からBの管理費滞納分を請求された。この場合におけるAの主張に関する次の記述のうち、区分所有法及び民法の規定によれば、正しいものはどれか。

1 「滞納分はBが全責任をもって管理組合に支払い、Aには一切迷惑をかけない。」という念書をもらって売買したのだから、私に支払義務はない。

2 私は競売代金全額を裁判所に支払って買受人となったが、この物件の現況調査報告書に管理費の滞納分について記載がなかったので、私に支払義務はない。

3 仲介業者からBに滞納分があると聞いていたので、私に支払義務があるのはやむを得ないとしても、支払いを遅延したのはBであって私ではないから、私に遅延損害金の支払義務はない。

4 管理組合とBとの間に、Bが滞納分の全額を支払う旨の和解が成立しているから、私に支払義務はない。

問 32

 管理費の滞納に関する次の記述のうち、区分所有法、民法、民事訴訟法及び破産法の規定によれば、誤っているものはどれか。

1 滞納管理費の額が、滞納者所有のマンションの一室の価額の1/10未満の場合には、管理組合は、その一室に対し先取特権による競売の申立てを行うことができない。

2 管理費の滞納者が破産宣告を受け、免責が確定した場合には、その者は、破産宣告までの滞納管理費の支払責任を免れる。

3 管理費の滞納者が行方不明の場合にも、管理組合は、その者に対して滞納額の支払いを求める訴訟を提起することができる。

4 滞納管理費について消滅時効の期間が満了した場合にも、管理組合は、滞納者に対して適法に支払いを請求することができる。

問 33

 マンションの管理を受託している管理会社の責務に関する次の記述のうち、中高層共同住宅標準管理委託契約書によれば、適切なものはどれか。

1 宅地建物取引業者が管理組合の組合員からその専有部分の売却の依頼を受け、その媒介等の業務のために管理規約の提供を要求してきても、管理会社は、これに応じる必要はない。

2 管理会社が再委託した業務の適正な処理については、再委託された業者が直接管理組合に対して責任を負い、管理会社が責任を負うことはない。

3 管理会社は、電気料金、水道料金、ガス料金その他の料金の改定に伴う料金増額分の支出については、管理組合の事前の承認を受けないで行うことができる。

4 管理会社は、総会及び理事会の開催に必要な資料の作成、案内の通知及び会場の準備を行うほか、総会及び理事会に出席しなければならない。

問 34

 管理組合の決算に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。ただし、会計処理は発生主義の原則によるものとする。

1 貸借対照表は、会計年度末における資産、負債及び正味財産の状況を示す報告書である。

2 標準管理規約によれば、特別修繕費及び修繕積立金については、管理費とは区分して経理しなければならないこととされている。

3 当期中に什器備品等を購入した場合には、支払いが翌期に行われても、当期の収支報告書においては支出として表示される。

4 標準管理規約によれば、駐車場使用料の余剰は、修繕積立金として積み立てるほか、管理組合全体の管理費の不足分に充当することとされている。

問 35

 下記の表は管理組合で作成される貸借対照表の例であるが、空白となっているA~Dについて、貸借対照表の科目として適切な組合せは、次のうちどれか。

ただし、会計処理は発生主義の原則によるものとする。

1 A 未払金   B 前受金    C 未収入金   D 前払金

2 A 前払金   B 未収入金    C 前受金    D未払金

3 A 未収入金   B 前払金    C 未払金    D 前受金

4 A 前受金   B 未払金    C 前払金    D 未収入金

問 36

 マンションの長期修繕計面及び修繕積立金に関する次の記述のうち、適切なものはどれか。

1 標準管理規約によれば、窓枠及び窓ガラスは専有部分とされているので、当該部分の工事費用は、長期修繕計画に計上してはならない。

2 長期修繕計画においては、一般的な材質及び仕様による外壁塗装工事の修繕周期は、12~18年程度である。

3 長期修繕計画は修繕積立金算出の根拠となっているので、その見直しは、頻繁では不都合であり、20年ごとが適正である。

4 標準管理規約によれば、エレベーターの保守点検に要する費用は、特別修繕費から支出するものとされている。

問 37

 マンションの調査診断及び改修設計に関する次の記述のうち、適切なものはどれか。

1 トップライトのガラス回りのシーリング材には、耐久性に優れたシリコーン系シーリング材を使用するのが適切である。

2 開放廊下の防水改修工法としては、こて押さえ型のウレタン樹脂塗膜防水工法が適切である。

3 外壁タイル浮きの1次診断を行う場合には、その方法は、足場を組んで、テストハンマー等でたたいて全数調査を行うのが一般的である。

4 外壁コンクリートのひび割れ幅が0.3㎜以下のものは、雨漏りの原因とならないので、補修する必要はない。

問 38

 マンションの大規模修繕工事に関する次の記述のうち、適切なものはどれか。

1 大規模修繕工事とは、工事期間が1ヵ月以上で、かつ、一戸当たりの工事費が50万円以上の工事をいう。

2 大規模修繕工事は、管理組合にとって必須の業務であるので、その実施には、必ず区分所有者及び議決権の各4分の3以上の賛成が必要である。

3 標準管理規約によれば、大規模修繕工事を円滑に進めるために、理事会の諮問機関として、大規模修繕に専門的に対応する委員会を設置することとされている。

4 鉄筋コンクリート造マンションの外壁について、延べ面積300㎡を超える大規模の修繕を行う場合には、一級建築士でなければ、その設計をしてはならない。

問 39

 次の記述のうち、鉄筋コンクリートの劣化症状の説明として、適切でないものはどれか。

1 腐食した鉄筋の錆がひび割れ部分から流出して、仕上げ材又はコンクリートの表面に付着した錆汚れという症状

2 日光、雨水等の劣化外力によって、コンクリート表面の塗膜に粉末が生じ、白くなったチョーキングという症状

3 コンクリート内部の部分的な膨張圧によって、コンクリート表面の小部分が円錐形のくぼみ状に破壊されたポップアウトという症状

4 コンクリートの表面にセメント中の石灰等が水に溶けてしみだし、空気中の炭酸ガスと結合して白色の物質(エフロレッセンス)が生じた症状

問 40

 マンションのエントランス回りについて、高齢者に対応した改修を行う場合に関する次の記述のうち、適切でないものはどれか。

1 エレベーターホールヘのアクセスのための階段に、連続した手すりを設置した。

2 エントランスからエレベーターホールヘのアクセスに高低差があるので、勾配が1/15のスロープを併設した。

3 車椅子での利用を考慮し、床は御影石(みかげいし)の表面磨き仕上げとし、壁と床を床材と同じ色調で統一した。

4 エントランスヘの屋外アプローチ階段の踏面(ふみづら)に影ができないよう複数の照明を設けた。