マンション管理士試験対策専門サイト
マンション管理士試験対策専門サイト

<マンション管理士試験過去問>

 平成14年度(2002年度)マンション管理士試験問題

 問21~問30 

 *問題は出題当時のものであり、それ以降の法令改正等には対応しておりません。 

問 21

 準防火地域内にある床面積の合計が500㎡の共同住宅(すべて共同住宅の用に供しているものとする。)に関する次の行為のうち、建築基準法による確認申請を要しないものはどれか。

1 床面積の合計が75㎡の住宅の保育所への用途変更

2 エレベーターの設置

3 外壁の大規模な修繕

4 増築に係る部分の床面積の合計が10㎡の増築

問 22

 浄化槽管理者の義務に関する次の記述のうち、浄化槽法の規定によれば、正しいものはどれか。

1 浄化槽の使用開始後1ヵ月以内に、国又は都道府県の指定する指定検査機関による水質に関する検査を受けなければならない。

2 浄化槽の保守点検及び清掃をそれぞれの技術上の基準に従って行った場合であっても、指定検査機関の行う水質に関する定期検査を受けなければならない。

3 浄化槽の保守点検については、必ず浄化槽管理士に委託しなければならない。

4 処理方式等の別にかかわらず、2年に1回、浄化槽の保守点検及び清掃を行わなければならない。

問 23

 マンション内に配電盤を取り付ける一般用電気工作物の電気工事を行うことができる者は、次のうちどれか。

1 電気工事施工管理技士

2 第二種電気工事士

3 電気通信主任技術者

4 第三種電気主任技術者

問 24

 マンションの防火管理及び共同防火管理に関する次の記述のうち、消防法の規定によれば、誤っているものはどれか。

1 高さが35mのマンション(すべて住宅の用に供されているものとする。以下この問いにおいて同じ。)で2方向以上の避難路を有するものは、防火管理上必要な業務に関する事項を協議して定めておく必要はない。

2 高さが30mのマンションは、防火管理上必要な業務に関する事項を協議して定めておく必要はない。

3 収容人員が30人のマンションは、防火管理者を設置する必要がない。

4 収容人員が50人以上のリゾートマンション(すべて住宅の用に供されているものとする。)は、防火管理者を設置しなければならない。

問 25

 機械警備業者の義務に関する次の記述のうち、警備業法の規定によれば、正しいものはどれか。

1 一業者につき一人の機械警備業務管理者を選任しなければならない。

2 機械警備業務を行おうとするときは、当該機械警備業務に係る基地局又は警備業務対象施設の所在する都道府県の区域ごとに、都道府県公安委員会の許可を受けなければならない。

3 都道府県公安委員会規則で定める基準に従い、基地局において盗難等の事故の発生に関する情報を受信した場合に、速やかに、現場における必要な措置を講ずることができるよう、必要な数の警備員、待機所及び車両その他の装備を適正に配置しておかなければならない。

4 機械警備業務を行う契約を締結しようとするときは、契約を締結しようとする相手方からの要求があった場合に限り、当該機械警備業務に係る基地局の所在地等の一定の事項を説明しなければならない。

問 26

 甲マンションの管理者が、集会の招集に当たり、各区分所有者に次の書類を送付した。この書面の1~4の記述のうち、区分所有法の規定によれば、誤っているものはどれか。ただし、集会の議事の進め方について、規約に別段の定めがないものとする。

 定時総会は、別紙招集通知のとおり開催いたしますが、あらかじめ、その手順について若干の説明をいたします。

1 まず、総会の席上、議長を選出いたしますが、当日の総会で特別の決議をする場合を除き、議長は、議案審議の公平を期すために、管理者でない区分所有者から選挙で選ぶこととされています。

2 つぎに、総会における議決権の行使についてですが、一の専有部分を数人で共有している場合は、議決権を行使する一人の方を決めていただかなければなりません。

3 また、マンションの賃借人である方は、利害関係がある場合は、総会に出席して意見を述べることができますが、議決権はありません。

4 最後に、当日の総会の議事は、これを議事録に記録として残しますが、議事録には、議長のほか、当日ご出席の二人の区分所有者の合わせて三人が署名押印をする必要があります。

マンションの重要事項を話し合う大切な総会ですから、皆様におかれましては、万障お繰り合わせのうえご出席賜りますようお願いたします。

(別紙招集通知は省略)

問 27

 集会の決議に関する次の記述のうち、区分所有法及び民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

1 ペットの飼育について特に定めていなかった規約を改正して、「小鳥、金魚以外の動物の飼育を禁止する」という定めを置く場合、既に犬や猫を飼育している区分所有者の承諾を得る必要はない。

2 都市計画事業による道路拡幅のため、区分所有者が共有するマンショシの敷地の一部を地方公共団体に売却しなければならない場合、集会で区分所有者及び議決権の各4分の3の賛成を得ても、これを行うことができない。

3 駐車場の増設工事を議題とする集会でこれが否決された場合でも、引き続き次の年度に同一の議題について集会に提案し、再度議決を求めることができる。

4 修繕積立金の取崩しを議題とする集会で、修繕積立金を月額10パーセント値上げすべきであるとの意見が出た場合、規約に別段の定めがなくても、修繕積立金の10パーセント値上げの決議をすることができる。

問 28

 マンションの区分所有者共有の敷地に、新たに区分所有者共有の機械式立体駐車場を設置する場合の集会の決議に関する次の記述のうち、区分所者法及び民法の規定によれば、正しいものはどれか。

1 この決議は、設置によって生ずる日照、騒音等の被害を受けると主張する区分所有者がいた場合、その被害の程度のいかんを問わず、その者の承諾を得なければ無効である。

2 この決議に必要とされる区分所有者の数は、規約で過半数とすることができる。

3 この決議に反対した区分所有者は、設置に要する費用を負担する義務を負わない。

4 この決議に賛成した区分所有者は、設置によって日照、騒音等の被害を受けても、その損害の賠償を区分所有者全員又は管理組合法人に請求することはできない。

問 29

 管理組合の総会運営に関する次の記述のうち、区分所有法の規定及び中高層共同住宅標準管理規約(単棟型)(以下「標準管理規約」という。)によれば、正しいものはどれか。

1 数年前に遠隔地に単身赴任した組合員が、近くに住む組合員でない親を代理人としたので、代理人による議決権の行使を認めなかった。

2 住戸一戸を共有する夫婦が総会に出席したので、二人を議決権総数に含めた。

3 「委任状と議決権行使書面のいずれも提出しない組合員は議案に賛成したものとみなす」という規約を定め、これに該当する組合員の議決権を賛成票に数えた。

4 議長は、組合員としての議決権を行使した結果、可否同数となったので、議長としての決裁権を行使した。

問 30

 規約の保管に関する次の記述のうち、区分所有法の規定によれば、正しいものはどれか。

1 規約は、原則として管理者が保管するが、管理者が置かれていない場合には、裁判所が指定した者が保管する。

2 規約の保管者は、規約の閲覧又は謄写に関する利害関係人の請求を拒んではならない。

3 管理組合が法人となっている場合、規約は、理事が当該法人の事務所において保管しなければならない。

4 区分所有者の全員に規約の写しを配布してあれば、規約の保管をする必要はない。